-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-12 10:02 | カテゴリ:その他
今まで生きてきた中で、一番の恐怖だったかも・・・




バボが生まれ育った広島では、あんまり大きな地震ってないんで
子供の頃は、たま~に地震でちょっと揺れると、
「わぁ、地震だ地震だぁ~」
なんてさわぐ子が多かったと思います。
『怖いもの』という観念があまりなかった。



短大で関東(神奈川県)にきて、その時の友達で異常に地震を怖がる子がいて
授業中にちょっとした地震があっただけで、すごくパニックになっていたのですが
バボにはそれがちょっと理解できなかったんです。

地震なんて、ちょっと揺れるだけじゃん
それで死ぬだなんて、あり得ないよ


正直、こんな風に思ってたんです。
阪神淡路大震災が起こるまで・・・



あの惨事を目の当たりにして、ああ、やっぱり地震ってこわいんだ
人の命をあっさり奪ってしまう強大な力なんだ・・・
そう思いました。
思いましたが・・・、やはり他人事の域をでることはなかったのかも。
それ以後も、日本各地で大きな地震が起こって、甚大な被害を受け
多くの人命が奪われてきたというのに、やはりそれが『自分とは関係のないところ』で起こっていると
本当に自分のこととして切実に感じることがなかったかもしれない・・・


テレビのニュースで、被災地の惨状を見ても、自分の痛みとして感じたか?というと
そうではなかったと思います。


でも!


今回、本当に『地震で死ぬ』ということを身近に感じ、現実としてとらえることとなりました。
バボの住んでいる部屋は、古い都営住宅の最上階の5階。
揺れます。
相当揺れました。
今も、ちょっとした余震を感じまくってますが、おそらく、下の階にいくと、これくらいの揺れは
気づかれないのかな?っていうくらいの、めまいかな?程度の余震も、この部屋では
ガンガン感じます。

昨日の揺れっぷり、そしてその揺れた時間の長さから、「これは崩れるかもしれない」
「今回は、だめかもしれない」「私、死ぬかもしれない」
マジで思いました。




IMG_3746.jpg


IMG_3747.jpg


IMG_3748.jpg


IMG_3750.jpg




外に出た方がよいのでしょうが、ねこさん達を残して自分だけ外に出ることはできませんでした。
でも、散り散りに走って逃げたねこさん達が一体どこにいるのか・・・?



長い長い最初の大きな揺れが終わって、少し落ち着いたかな、という頃

IMG_3758.jpg

リビングのこたつの中から、ほまが顔を出しました。




IMG_3760.jpg

なんだかんだいって、やっぱり一番肝が据わってるというか
頼もしいのはほま様ですね。


こたつの中をのぞくと、ほまともみたんが並んで隠れていました。



ひばは、いつも隠れているバボ部屋のこたつの中にそのままいました。



が、他のメンバーが見当たりません・・・




おでぶちゃん達ですから、そんなに狭いところに入れるはずがない・・・
地震の揺れで、窓が多少あいたのですが、でも、ねこさんが出られるほどではなかったので
ベランダに出たなんてことはないはず・・・


パニックになって走って逃げるところを、ちゃんと行き先まで確認しておかないとダメだなと
反省しました。

ほんとは、隠れる前につかまえて、キャリーに入れちゃうべきだったのでしょうが
心の準備もできてなくて、何もできなかったです・・・




学校が休みで、町田駅前のブックオフに行っていた長男が、しばらくして戻ってきました。
ブックオフで、上からものが落ちてきて肩にあたったそうで、痛がってましたが
頭じゃなかったし、病院には行かなくても大丈夫、という程度だったのでとりあえずホッとしました。


長男と一緒に、しばらくチームおでぶちゃんたちを探したのですが
みつからない・・・


結局まれっちは天袋にいるのをみつけましたが、揺れがおさまっても当分の間
出てきませんでした。
3時間くらいして、おなかがすいた頃、ようやく姿を現したまれっち。


きくちゃんは、・・・どこに隠れていたのか、分からずじまい。
いつの間にか、どこからか出てきて、腰が引けた状態であたりを見回してましたが
余震が結構ひどくて、


IMG_3766.jpg

その後はしばらくここにこもってました。(猫毛だらけで汚いのは見なかったことにしてください・・・)


二男は、体育館で卒業式の練習をしていた最中だったそうで、体育館の電気が消えて
すごく怖かったようです。
死ぬかと思った、って言ってましたが、まあとりあえず無事に帰ってきました。





それにしても、あの津波ってやつは・・・
車や船や家が流されて・・・
あの光景は、地獄を見ているようで、恐怖で鳥肌がたちました。
他人事じゃない、いつか自分たちにもふりかかることだ・・・、本当にそう思いました。




『しっぽのはえた天使からのSOS』 / ポスターは★こちら★


・・・ときくちゃんが申しておりますので
よろしかったらぽちっとお願いします
秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。