-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-30 19:31 | カテゴリ:紅葉
もみたん、このところ、下痢もしないしゲェゲェもありません。

IMG_6024.jpg

ごはんも、まあ、食べています。
食べてる量はどうか、というと、やっぱりもともとバクバク食べる子じゃないので、
ちょこちょこって感じですが、それでも時々
自分からほまのお皿なんかに顔をつっこんで
つまみ食いしたりする姿も見られるようになりました。

IMG_5848.jpg

ほまのお皿に入っているのは、特別おいちいカリカリじゃなく
本当に「食事」用のフードなのですが(ほまはシーバや銀のスプーンなど
おいしそうなちょっと高めのカリカリはなぜか食べない・・・)、
それでも食べてるってめずらし~、と思うのと同時に
もみたんが何かを食べているというだけでうれしくなります。
がんばっていっぱい食べてね、なんでもいいから。


もう少し体重が増えて、見た目がもうちょっとガリガリじゃなくなったら
避妊手術を、と思っています。

いつ頃になったら出来るんだろう?
前に病院で聞いたところ、体調が完全に元に戻ってから
さらに2週間くらい様子を見て、大丈夫そうなら、ということでした。

本調子なのかどうか?

それが一番判断が難しいところなのですが・・・。
冒頭に述べたように、下痢・おう吐がなく、食欲もあれば
大丈夫だとみなしてよいのかなぁ・・・。

あとは少しでも体重が増えるのを待つばかりですが
夏の暑い時期の手術はしんどいかも、などと思ったり。
ってことは、秋になって、少し涼しくなってからがいいかな?
と考えています。

もみたんの体の小ささ、そして今回体調を崩したことなど、いろんなことを
総合的に考えてみて、もみたんの小さな体に出産そして育児で
大きな負担をかけることがどれほど危険なことかということを痛感しました。
もみたんの体のことを一番に考え、避妊手術を受けさせることにします。
もしも、もみたんを失うようなことになったら・・・、
耐えられませんから。

ただし、避妊手術を受けることも、心配ではあります。
麻酔がねぇ・・・。
だから、少しでも体力をつけて、健康な状態にしてからでないと、
と思うわけです。

相変わらず、短いサイクルで発情をくりかえすもみたん。
万が一にでも妊娠、ということがないように、
まれっちは一足先に手術をしました。
まあ、2歳を迎えても、いっこうに発情する気配のなかったまれっち、
そのままでも子供ができる心配はあまりなかったでしょうが、
それでも、念には念を、ということで、手術に踏み切りました。

IMG_6022.jpg


もみたんの、そしてまれっちの、どちらの子供も残したいという
強い希望がありましたのでとっても残念ですが、
今、目の前にいるもみたんとまれっち、その存在こそが私にとっては
何よりも大きく、そしてなにものにもかえがたい大切なものですから。
血を受け継ぐもの、ということにこだわりすぎる必要はない、と思いました。
また、血を受け継いだからといって、その子はその子。
決してもみたんでもまれっちでもないのですから・・・。
1匹1匹がかけがえのない存在ですよね。

IMG_0886.jpg


まだどこの病院で手術をするかは決めかねていますが
うちの近くの病院はどこも、いまだにエリザベスカラー着用です。
ねこブログでよく見かける術後服、世の中の流れ的には
今はこっちが主流なのかな?と思っていたけど、
この近辺はどうやら違うらしい・・・。

でも、エリザベスカラーってやっぱじゃまっけでしょ?
まれっちの時も、相当じゃまで、見てる方もうっとおしかったし。
ってことで、術後服の方がよいのでは?と思ってるのですが、
あれって、販売されてるのですか?
それとも、タオルなどを切って自分で作るの?
お気に入りブログ『猫の飼い主はじめました』のもりーなさんは
タオルで手作りだったけど・・・。
この不器用な私に、はたして作れるのだろうか・・・とマジで不安です。




秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。