2009-11-16 20:41 | カテゴリ:菊千代
ジャンル:ペット テーマ:やっぱり猫が好き
昨日、ガンちゃんご夫妻がわざわざ町田まで届けて下さったかりんちゃんの娘さん。
もみ・まれにとっては姪っ子。

IMG_1595.jpg

その子を養女として、つまり、もみ・まれ夫妻の娘としてバボ家にお迎えいたしました。
(人間でもよくあるパターンじゃないですか?)


男の子の方が基本的にかわいい性格なんだというのを
このところのほま・もみ事件で実感したものですから
(っていうか、女の子はこわい・・・)
男の子を・・・という気持ちも強かったのですが、
でもやっぱり女の子! ってことで、きくちゃんをお願いしました。

正直いうと、男の子にした場合、ビリーくんとバートくん、どちらかを選べないから・・・。
まれっちとジジくんで決められずにさんざん迷った経験上・・・。

IMG_1082_20091116200823.jpg
【選べません、っていうか見分けられません・・・】


ただ、名前なんですが、なぜかバボが思いつくのは男の子の名前ばかり・・・。
女の子の名前が、なっかなか思いつかず、悩みましたぁ。
っていうか、突然すぎて時間がなかったというのもあり、今回特に苦戦です。
「ひばり」からはじまって、薫の希望の「葵」、紫苑の希望の「五十鈴」、
他にも「まり藻」「向日葵」「いくらちゃん(ちゃんまで含む)」
「琴音」「きなこ」「小菊」・・・。

いま、季節的に菊の花のイメージが強く、どうしても「きくちゃん」
という響きが捨てきれなかったため、最後の最後に登場した「菊千代」となりました。

基本的に漢字の名前、というイメージのバボ家ですが、名前自体ももちろんのこと
愛称というか、呼び名も重要なので、そこも名前を考えるにあたりこだわりとなります。
どんなにかわいくて、気に入った名前でも、呼び名がしっくりこない時はあきらめます・・・。

もみたんは特に呼び名優先の顕著な例というか、そもそも呼び名の「もみたん」が先に決まり、
こじつけて「紅葉」となったようなものですから・・・。

きくちゃんの場合も、本当は「小菊」がよかったのですが、その場合呼び名が
「きくちゃん」というより「こぎちゃん」または「コーギー」(犬かっ!)
となってしまうので・・・。


ま、名前の話はこれくらいにして、肝心の本猫の様子を。


ガンちゃん家のねこさんは、まれっちもそうですが、人に大変慣れていて
フレンドリーだし、場所見知りもほとんどしませんから、
初めての家に着いたばかりでも、結構へっちゃらで、物おじしません。

きくちゃん、どうやら二男・紫苑がお気に召したようで
お膝の上でねんねです。
バボはまだお膝にのってもらえないのに、紫苑は初日だけで既に3回も
おひざでねんねされてました。

IMG_1729.jpg

キィィィィ~!
ジェラシぃぃぃぃ~!!

IMG_1727.jpg



これがなんと、まれっちも、バボ家に来た初日に、コレ!


IMG_4489.jpg


おんなじですぅ~。

IMG_4495.jpg

くっそぉ~ 紫苑ばっかりねこさんにモテやがってぇ~!



さて、問題の、先住さんたちですが・・・

ほまは、もみたんが来た時も、ものすっごい拒否りようで、
2匹が同じ空間で過ごせるようになるまで
2カ月はかかったでしょうか・・・(遠い目)
まれっちの時も、そして今回も、おなじよーな反応で、食器棚の上に居座って、下りてきません。
時々知らない猫の姿が視界に入ると、うなりまくります。
っていうか、今は、もみに対してもまれに対しても、誰に対しても、うなりまくりです・・・。

IMG_8016x.jpg
【神経ピリピリのほま様・・・】



もみたんは、これまたまれっちが来た時とまったく同じ反応で、
フぅぅぅぅぅ~!!
シャーあああああ!!
ハァーーーーー!!
と、すんごい顔して怒りまくって、隙を見ては猛スピードで駆け寄っていき
バシバシと叩きまくっています。
特に、寝ている時に襲うという卑怯ぶり・・・。
おかーたん、お願いしますよ、娘になるんですから、あぁ~たの。

認めませんですぅ!
IMG_1607.jpg
【ご立腹です。めっちゃ怒ってにらんでます・・・】



そして、まれっちですが、これがもう、きくちゃんの行くところ行くところ、
後をついて行きます。
気になるようです。
どうやらまれっちは、仔猫が好きなのかもしれません。

IMG_1581_20091116203320.jpg
【仲良く、上と下とで、同じねこじゃらしで遊んでます】

IMG_1644.jpg


ほま・もみに至近距離で散々フー!シャー!ハー!言われたきくちゃんは
もう驚いたやら怖いやら、自分も毛をたわしのように逆立てて
シャー!シャー!

なので、まれっちが近付いても、シャー!
・・・まれは何もしてないのに。

それでもまれっちはきくちゃんに向かって怒ったりせず、
後を付け回し、においをかぎ、さっきはぺろぺろしてくれました。
さすがまれっちです。
ありがとー♪
これでまれっちまで攻撃的だったら、もうどうしたらいいか分からなかったよぉ~。
まれっちに本当の子供がいたら、さぞかしよいおとーたんになったんだろうなぁ。

IMG_1650.jpg

でも、これからはきくちゃんがまれっちの娘だからね。
かわいがってね。



きくちゃん、初日の夜は、どこに寝させようか散々悩んだ末
バボがベッドに連れて行き、顔の横でねんねさせました。
いつもはほまが寝る場所です・・。
ごめんね、ほま・・・。
ほまは夜寝る時だけしか、バボを独占できないので、この指ちゅぱしながらねんねする時間が
ほまにとっては唯一の甘えられる時間なのに・・・。
それに、最近、もみたんもバボのベッドで一緒に寝るようになってたんです。
右にもみたん、左にほま、という形で寝ていたのですが、それもきくちゃん登場により
不可能になってしまい、残念・・・。

でも!
きくちゃんったら、もう、超かわいいの!
一晩中バボの顔の横で、手を枕にしたり、寄り添ったりして、いい子でねんねしましたよぉ。

IMG_1706.jpg
【天使の寝顔】

でも、時々シャー!という声とともに、おとなねこさんが順番に現れて、
そのたびに起こされ、きくちゃんもシャー!と応戦。
でもまたすぐその場でねんね。
これの繰り返しでした。
律義に、ほま→もみ→まれ、の順番でみんなきましたから、寝込みを襲いに・・・。




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村猫ブログ
秘密