2009-08-30 14:26 | カテゴリ:紅葉
「ねこの乳腺腫瘍は、ほぼ悪性」

・・・そうなんですね。

検査の結果がいつ出るのかは分かりませんが、
ネットでいろいろ調べていると、あまりよいことは書いてありません。
読めば読むほど、絶望的な気持ちになります・・・。


やはり、子供を産ませようと2年以上も発情を繰り返させていたことが
もみたんをこんな目にあわせる原因となったのは間違いないようですね・・・。


わたしのせいなんだなぁ


ほまと同じように、生後6ヶ月を迎えた時点ですぐに手術をしていたら・・・。


今さらこんなことを言っても、どんなに後悔しても
もうどうにもならないんですが・・・。

でも、それが本当に悔やまれて、自分に対して腹が立ってしかたありません。

こうしていれば・・・と、今さら言ってもしょうがないことをいつまでもぐちぐち言い続けるより
これからどうすればもみたんのために一番よいのかを考える方が今は大切だ、

と分かってはいますが、やはりどうしても
「わたしのせいだ。子供なんてほしがらなければよかったのに・・・。
 そうしたらもみたんは、こんな目にあうことはなかった。
 わたしがもみたんを苦しめた・・・。」
と、もみたんに申し訳ない気持ちでいっぱいになり、涙があふれてきます。


ごめんね、もみたん
本当にごめんね
ごめんね
ごめんね


どんなにあやまったって、許してもらえない、
いや、自分で自分が許せない
それほどひどいことをしてしまったんだね・・・




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村猫ブログ


秘密