2009-08-29 16:51 | カテゴリ:紅葉
今朝、 手術に向かう前のもみたん


IMG_8313.jpg


ごはんもお水ももらえない~
なんかいつもとちがうぅ~


と思ってはいたでしょうが、でも、いつも通り
お気に入りの場所・パソコンの上でくつろぐもみたん


今朝のほまに対するすりすりぶりを見て、
やばい・・・、これは発情では・・・

と非常にブルーになってしまったバボですが、今回手術をお願いした病院の先生方は
発情中でもできる、というご意見だったので、そのまま連れて行きました。


今日は前回のように血液検査で体調を確認してから、
・・・というのではなく、もういきなり、
「では、お預かりします。」
って、あっさり・・・。

体重は2.6キロと、また減っていたのですが、
もう気にしないことにして、手術に踏み切りました。



電話がかかってくるのをずぅ~っと待ってたんですが・・・
1時半頃からガスをかがせ始めて・・・、無事終了したら連絡、
ということでしたので、5月のまれっちの時やその他を参考に
そろそろじゃないのかなぁ?と、2時半頃からずっと携帯を握りしめていたバボ。

3時から外出していたのですが、その間もずっと携帯を手に持ってました。
バッグの中だと、かかってきても音が聞こえずに気づかなかったら困る!
と思って・・・。


結局、3時半になってもかかってこないので、ちょうど帰り道の途中に病院があるし
ってことで、どんな様子か直接病院に聞きに行きました。
それが4時前だったんですが、今、麻酔から覚まさせているところ、ということで
少し待っていれば面会できる、と言われ、待つことしばし。


ようやく呼ばれて院長先生のお話をお聞きしたバボをおそうショックな出来事・・・。

とりあえず、手術は無事終了し、麻酔からも覚めつつある、
もうだいぶ意識が戻ってきたかな、という状態でした。
もちろん、まだぐったりとして、足にチューブがささっている状態でしたが
舌でお口をペロペロしたり、少しだけ動いていたもみたん。

どうやら麻酔から覚めない!という最悪の事態はまぬがれたようで、
ホッとしました。
が・・・。

院長先生が取り出した子宮を見せてくれて(・・・)説明をしてくださったのですが
普通の子の子宮の状態と、ちょっと違う、とのことで
かなり長いし、太いし、充血もしてるし、おそらく発情していたのでしょうが
それにしても充血がひどいらしく、位置も少しおかしかったし、
妙にねばっとしているなど、とにかく通常の子宮の状態ではない、とのことでした。


もみたんの、あまりに頻繁な発情は、きっとこの子宮の異常(?)が原因だったのか、
と、バボはそれがまっさきに頭に浮かびました。
先生は、もしかしたら何か病気を持っているのかもしれない、というのを疑ったらしく
実は、エイズとかウィスル性なんとかかんとか(名前すらよく分からない不勉強ぶり・・・)
の検査を受けていなかったらしく、その検査をさせてほしい、ということでした。

よく里親探しの際に聞く、エイズ検査とか、これって自分で病院に行ってお願いしないと
病院の方から「やりましょうか?」「やった方がいいですよ」なんて言ってくれないんですね・・・。
まったく自分の勉強不足さに愕然としました。

もみたんだけでなく、ほまもまれっちも、当然そういった検査は受けた記憶がありませんので
これはすぐにでも受けるべきなんでしょうね・・・。


可能性が高い、とは思わないけど、と先生はおっしゃったのですが
やはり、こうもいろいろ体調不良が頻繁におこると、何かあるのかな、と思ってしまいます。

さらに心配なことが・・・。


胸のあたりにしこりが発見されました。

・・・。

腫瘍、・・・ということでしょうか。
悪性だったら・・・。

それも検査をしてもらうことにしました。

現実的な話をすると、両方の検査あわせて15000円だそうで、
避妊手術の30000円とあわせると、いっきに45000円の出費。
もちろんイタいです。
でも、前にも書いたように、お金なんていくらかかっても
もみたんのためなら全然かまわない。
それがバボの気持ちです。
高い治療費を払うことになっても、その治療でもみたんが元気になって
10年も20年も健康でそばにいてくれるのなら、それで幸せです。


これから3泊の入院です。
こういうことになったので、当初は「長すぎるのでは?」といろんな人から
疑問の声が上がった3泊4日の入院ですが、かえってよかったな、と思います。
っていうか、最初からもみたんには何か起こる気がしてて
すんなりいかないかもしれないから、病院でじっくり診てもらった方が、
という思いはあったんです。


どうかもみたん、検査の結果が悪いものでありませんように・・・。




IMG_8324.jpg


ダメですねぇ・・・、どうしても心配で、涙が出てきてしまいます・・・。




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村猫ブログ





秘密