-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-05 17:54 | カテゴリ:仔猫ちゃん
ガンちゃん家かりんちゃんの
8回目の出産で誕生した赤にゃん


本日はアンリくん特集です。

・・・ただただおさしん並べてるだけです




IMG_7407_20121005173457.jpg


IMG_7432_20121005173456.jpg


IMG_7458_20121005173725.jpg


IMG_7385_20121005173456.jpg


IMG_7387_Lr.jpg


IMG_7445.jpg


IMG_7522.jpg


IMG_7573_Lr.jpg


IMG_7516.jpg


IMG_7517.jpg


IMG_7876_Lr.jpg


IMG_7741_Lr.jpg




シルバータビーのたれ耳ちゃん。
とってもかわいいアンリくんでしたぁ~




続きは、カンケーない話・・・・・・・・

スポンサーサイト
2012-10-09 18:07 | カテゴリ:仔猫ちゃん
前回のアンリくんに続きまして
今回はハッピーくんです。

こちらは立ち耳のシルバー
お顔がとってもかわいらしくて、バボのタイプです♪



IMG_7882.jpg
にゃああああああああああ~





IMG_7703_Lr.jpg



IMG_7697.jpg



IMG_7503.jpg



IMG_7421_20121009175512.jpg



IMG_7722_Lr.jpg



IMG_7721_Lr.jpg


IMG_7366_Lr.jpg


IMG_7450.jpg



IMG_7465_20121009180206.jpg






2012-10-11 21:07 | カテゴリ:仔猫ちゃん
最後にご紹介するのは、レッドのフックくん
早々にご家族が決まり、ショパンくんというお名前も頂いたそうです。
幸せにね♪


IMG_7440_Lr.jpg



IMG_7441_Lr.jpg



IMG_7454_Lr.jpg



IMG_7490_20121011210416.jpg



IMG_7492.jpg



IMG_7519.jpg



IMG_7530_20121011210546.jpg



IMG_7728_20121011210544.jpg



IMG_7729_Lr.jpg



IMG_7567.jpg



IMG_3607_20121011210419.jpg



2012-10-21 21:38 | カテゴリ:紅葉
バボ家のカワウソくん・・・

IMG_0042_20121021213011.jpg


『まるくって ちっこいジャイアン』のキャッチフレーズでおなじみ(?)
もみたんですが





IMG_0059_20121021213011.jpg

昨日の夜、バボが仕事から帰ってから様子を見ていると
なんだか元気がないような・・・


ずっと寝てて、ほとんど動かないんです


いつももみたんの方からケンカを売っているひばが近くにきても
「うううううう」って怒りもしないし・・・

う~ん・・・

心配性なので、ちょっとしたことでも過敏になってしまうバボの
取り越し苦労であってくれるといいのですが



今月初めにワクチンに行く予定だったのですが
そのころからちょっとくしゃみ鼻水が気になり始めたので
少しおさまってからの方がいいかな、とずっと延期しているのですが
なかなか鼻水と涙が完全におさまらない状態

ぐったりしてて、おまけに涙目だと、余計具合悪そうに見えちゃって・・・


なんでもないとよいのですが




2012-10-23 12:13 | カテゴリ:紅葉
まゆさん
レコママさん
ご心配いただきましてありがとうございます <(_ _)>


もみたん、本日朝一で病院へ連れて行ってまいりました。


IMG_0106.jpg



土曜日の夜に具合が悪そうなことに気づいたのに
今頃かよっ!
遅いだろっ!
・・・みたいな

もみたんは、そもそも体があまり丈夫ではないようで
バボ家に来たときから、耳ダニだのくしゃみ鼻水だの(要するに風邪?)の気になる症状があり
来たそうそう長く病院通いをした子です。
耳ダニは完治しましたが、鼻水などは、もう慢性化してるようで
完全によくなることはないかな・・・みたいな診断でしたので
その後も、よくくしゃみをしたり、お鼻が出ていたりしても
もうこれはもみたんの持病というのか、体質だから、治療してもダメなんだ
という風に思ってきました。
その他には、特別健康に問題があるようなこともなく
3年前、ひどく体調を崩して病院通いが続いたこと以外は
基本的に元気だと思っていました。

なので、今月に入ってから、久しぶりに派手な連続くしゃみをして
お鼻がちょっと出ていたのですが、「様子見で」、程度に思ってきました。
というか、ワクチンを受けようと思っていたけど、ちょっと待った方がいいかな、という感じ。


今、診て頂いている病院の先生は、もみたんの過去の病歴や状態は分からないので
なかなか診断が難しいわけですが
バボ的に大変信頼している先生なので、とにかく先生にお任せするしかない、と思っています。

風邪なのか?
長く放置していたから肺炎になったのか?
それともウィルス性のものなのか?


お熱があるんです。
それと鼻水もやはりちょっと出ています。
下痢やおう吐はありません。
でも、食欲がない。
そして、元気がなくて動かない。
体重もますます減って、2.4キロでした・・・

現在の症状はそういう感じ。


血液検査、院内でできるものと、院外に出すもの
そして、抗生物質の注射とインターフェロン(注射)
さらには皮下点滴
念のため胸のレントゲン

本日、2時間半くらいもみたんにかかりっきりで診て頂きました。
(幸い、他の患者さんがいらっしゃらなかった)

レントゲンを見た感じ、肺炎はなさそう。
血液検査の結果、白血球値が異常に高くなっているので(以前もそうでした)
肺炎を疑ったそうですが、それはない。
ということは、ウィルス性の病気。
または風邪・・・

ただの風邪であってくれるといいね
と言いながら、心配されるコロナウィルスの検査を。

FIP、コロナ・・・

先生の口から出てくる言葉に、不安が押し寄せてくる・・・

結果は3~4日後

その前に、2回目3回目のインターフェロンも受けなくては・・・


小さな体からいっぱい血をぬかれ
おっきな注射器3本分の点滴をされたもみたん

嫌がって逃げようとするんですが、体が小さいし、それほど激しい抵抗ではないので
なんとか無事に終了しました。

以前体調を崩した時も、頻繁に点滴をされましたが
回数がかさなるにつれ、痛がって嫌がるようになり
それを見て、本当にかわいそうで胸が痛くなったものです。
またその時みたいになるのかな・・・



先生のご意見では
もともともみたんは何かウィルスをもっているのかな、ということで(=体が弱い)
それが出てきたのかもしれない、とのこと。

そのウィルスが、悪いものでなく、治療できるものであることを祈る・・・
今はそういった感じです。



IMG_0109_20121023120502.jpg






2012-10-25 21:23 | カテゴリ:紅葉
FCoV抗体価  1600倍





・・・・・



FCoV感染判定基準

 400倍未満
   FCoV感染の可能性は低いと思われます。

 400倍~1600倍
   FCoV抗体価が認められます。臨床症状等と併せて診断して下さい。2~3週間後の再検査をお勧めします。
 
 3200倍以上
   特徴的な臨床症状等が認められる場合、FIP発症の可能性が疑われます。



発症しているかどうかは、まだ何とも言えません
でも、間違いなく、コロナウィルスをもっている・・・


ということでした。

みなさまの方がきっと詳しいんじゃないかと思いますが・・・
FIP、発症してしまえば、治療法はなく、助からない


今の段階では、先日の治療が効いて、少しずつ食欲も出て、
動くようにもなってきて、
きくちゃんやまれっち、ひばに対しても
シャー!!!!
バシバシっ!!!
といつものように攻撃するほどに回復しているので
もしかしたら発症ではなく、風邪なのかもしれない

先生は、その可能性を捨てていないし、まだあきらめてない、とおっしゃいました


明日、3回目のインターフェロンを打って、ひとまずインターフェロンはおしまいかな?


望みは捨てたくないと思いますが、
もし万が一、という時のことを思うと
少しでも長くもみたんと一緒にいたい
もみたんをこの目で見ていたい
だから、もみたんと一緒にいられる時間をできるだけ確保したい
そんな風に考える今日この頃です



IMG_8811_20121025212604.jpg
2012-10-30 20:57 | カテゴリ:紅葉
さんざんご心配おかけしたもみたんですが




IMG_9844.jpg


こんな感じで、今はだいぶ復活してます。




インターフェロンを3回打って頂いたのですが
それが効いたのでしょうかね。

その治療が効く、ということは、FIPの発症ではなかった、
という可能性が高いと考えてよいようです。

体重も、最初に病院に行った日(火曜日)は2.44キロまで減ってましたが
抗生剤、インターフェロン、点滴をうけ
a/d缶などを少しずつ食べさせたら
木曜日の診察時には、2.5キロに
さらに金曜日には2.6キロに増えていました。

とにかく何でもよいので、食べるものを食べさせること
脱水に気を付けること

ということで、ちまちまちょこっとずつ食べるもみたんに
1日何度もシーバやウェットフード、ミルクをすすめました。

自分からお皿にお顔をつっこんで食べるということをしなくなったので
バボが手で食べさせていたのですが
味を占めたのか、いまだにお皿からでなくバボの手からしか食べません。



IMG_0119_vabo.jpg

具合が悪い間、部屋の隅に隠れるようにうずくまっていたもみたん、
ようやく普通の生活に戻ってきた、という感じです。

このままよい状態が続くようなら発症ではなかったと判断してよいと思います。
その場合、2~3週間後にもう一度ウィルス検査を受ける予定です。

コロナウィルスに感染している、という事実は消せないので
発症しないで一生過ごせるように、これからも出来るだけ気を付けていかないと、と思います。


ご心配頂いたみなさま、本当にありがとうございました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。