FC2ブログ
2020-02-19 00:14 | カテゴリ:紅葉
突然、もみたんがこの世からいなくなってしまいました・・・

IMG_1264_2020021900065779c.jpg

愛しい愛しいもみたんが
もう動かない・・・



_MG_0373.jpg
酸素ハウスに入れると、落ち着かなくてウロウロして
出してぇ~、っていうから、あまり役に立たなかったかも・・・



_MG_0158.jpg
ほま様とは、最後まで仲良しでした。
仲良しっていうか、舎弟みたいな感じ?




_MG_0190.jpg
最後に、奇跡の3ショットが撮れました。
もう、元気がなくなっていたので、
大嫌いなまれっちにこんなにくっつかれても
そのままスルーしているもみたん・・・

ほま・もみ・まれの3ショット。
多分最初で最後じゃないかな?


もみたん、13年間、本当にありがとう。
もみたんが家に来てくれて、ママは幸せだった。
世界一かわいいもみたん。
愛してる。

ゆっくりねんねしてね。

おやすみ


2019-12-31 14:50 | カテゴリ:希典
_MG_5725.jpg

今年はまれっちの厄年だったのか・・・
春から病気続きで、何度病院にお世話になったことか・・・

揚句の果てには手術・・・

とりあえず今は落ち着いているので、これ以上悪化しないよう
出来ることをするだけなのですが・・・

出来ることといっても、特にあるわけでもなく
専用のフード以外を口に入れないということを徹底するくらいなのですが。

来年は、みんにゃが元気で、何事もなく過ごせるといいにゃ、と思っております。

皆様、よいお年を。

2019-09-16 18:52 | カテゴリ:希典
先週月曜日、チーが出ないみたいであわてて病院に連れて行ったのですが
急性腎不全。
膀胱炎にもなっているし、腎臓、尿管、膀胱に石が確認されたまれっち。

その日はかなり症状が重かったようで、1日入院して、翌日夜に家に戻ってきたのですが
結局それからほぼ毎日のように、自力でチーが出ないってことで
病院に行って、カテーテル挿入してチーを出してもらう、という状態・・・。

悪いことに、石の正体が、溶けるストルバイトではなく、溶けないシュウ酸だったため
もう手術で取りだすしかない、ということになりました。

尿管にある石が膀胱まで落ちてくるのを待って、一緒に取り除ければよいのですが
1週間経っても、全く動いている気配がないため、
もう待っていられない、早い方がよい、ということになり
19日に手術を受けることになりました。

もう高齢の域に達しているまれっちなので、全身麻酔での手術というと
不安も大きいのですが、そうもいっていられないので・・・

_MG_4517.jpg
2019-08-22 21:46 | カテゴリ:町田ねこ
ジャンル:ペット テーマ:猫のいる生活
町田ねこのよっちゃんが、
7月25日、天国に旅立ったそうです。

IMG_2428_201908222143201c9.jpg



よっちゃん・・・
バボのお気に入りのねこさんでした。

初めてよっちゃんに会った時、
「かっこいい」
と思いました。

ねこさんを「かっこいい」と思ったのは、よっちゃんが初めてでした。
というか、よっちゃん以外にはいません。

体は大きくて、毛艶がよくて、模様も毛色もきれいで
人間は苦手で、よほど慣れた人以外は、触れないし、
姿を見ることもムズカシイくらいの人見知りさん。

でも、ねこ仲間からの人気は高く、
いつもよっちゃんのそばには、必ずだれかがいる、という感じでした。


最後まで町田ねこの仲間と一緒に過ごして
それがよっちゃんにとっては、一番平和で幸せなことだったんだろうな、と思っています。


雲雀の方が早く逝ってしまうとは思っていなかったのですが
3か月早く天国にいって待っているので、久しぶりに会って、懐かしい話でもしながら
仲良く下のみんにゃを見守っていてくださいね。

よっちゃん
大好きだったよ
ほんとに

2019-04-24 20:25 | カテゴリ:雲雀
ひばが、いってしまいました。
きくちゃんが、連れて行ってしまいました・・・。



IMG_9029.jpg


_MG_7475_201904242005282cc.jpg


IMG_3817.jpg


最後の日、いつもひばがねんねしていたバボのベッドで
みんなと一緒にお昼寝しました。
体調を崩して以来、苦しそうにしてる時もありましたが、
この時は、気持ちよさそうに
リラックスしてねんねしていたので、
私もうれしくて、写真を撮りました。

これが最後になりました。

ずっと仲悪だった天敵のもみたんと、こんな近くでねんねするなんて。
最後の奇跡かな・・・。
_MG_1329_lr.jpg


_MG_1292_lr.jpg


_MG_1287_lr.jpg


こんなに急にお別れの時がくるなんて思ってもみなかったよ、ひばちゃん・・・。
今までありがとう。

いつまでも大好きだよ。



2019-03-23 07:50 | カテゴリ:仔猫ちゃん
_MG_9467.jpg

_MG_9491.jpg

_MG_0529.jpg

ガンちゃん家で7匹のスコの赤にゃんが生まれているのですが
1匹がグレー系の三毛ちゃんで
3匹がレッド系の男の子
3匹がベージュの男の子

見分けがつかない・・・
(^-^;

こちらはレッド3兄弟です。
ホワイトが多く入っているいわゆる茶白の子は見分けつくけど
残りの2匹が、どっちがどっちかわからにゃいんですよねぇ~
(^-^;


2019-02-02 00:28 | カテゴリ:その他
このブログのタイトル『ねこしゃんしゃん』という言葉の由来となった
妹の飼いネコ『シルヴィ』にーさんが、先月天国に旅立ちました。
多分もう20歳くらいだったと思います。

ねこしゃんしゃんというのは、そのシルヴィと初めて対面した時に
二男が発した言葉でした。

まだ1歳ちょっとだったか、2歳にはなっていなかったんじゃないかと思いますが
とにかく、まだ小さかった二男を連れて広島の実家に帰省した時のことでした。
広島駅から実家まで父の運転する車の中でお昼寝していた二男は、
寝起きのご機嫌ななめ状態でシルヴィと対面したもんだから、
「ねこしゃんしゃん、こわいぃぃぃぃぃ」
と大泣きしてしまいました。

なぜ『ねこしゃんしゃん』なのかはなぞでしたが・・・
そう呼んでました、シルヴィのことを・・・
(^-^;

翌日にはご機嫌もなおって、ねこさんを追いかけ回してましたけど。

そんな二男も、もう21歳
シルヴィ、長生きしてくれました。

我が家も1年前にきくちゃんを失ったので、妹がどれほど悲しい思いをしているか、わかります。
1年経っても、いまだに思い出して泣いてるくらいですから・・・。

シルヴィ、長いことがんばったね。
天国では、きくちゃんと仲良くしてやってね。

shiontosiru7.jpg
『ねこしゃんしゃん』誕生!




最後の夏・・・
_MG_2998_lr.jpg



_MG_3157_lr.jpg
最愛のシルヴィと過ごす妹・・・